2016年 11月 28日

預見Vogue跨世紀時尚攝影展2016

11月24日から3泊4日で台北旅行に行きました。
特別な目的もなく、旦那がその期間に休みをとったからという理由で、近場の台湾にこの時期に旅行しただけですが。でも、ちょうど、Vogueの撮影展覧会が 華山1914文化創意產業發展園區という台北の芸術区で11月27日まで開催で、1997年8月号でVogueの表紙を飾ったことのあるアニタの写真もあるということで、立ち寄ってみました。

http://www.vogue.com.tw/coming-into-fashion/

写真を見るにはここをクリック
[PR]

# by anitamuijapan | 2016-11-28 16:06 | Comments(0)
2016年 08月 09日

珍惜再會時2016

毎年恒例のアニタのバースディパーティです。

珍惜再會時2016
会場: Novotel Citygate Hong Kong
日時: 2016年10月10日(月) 19:00~
費用: 会員HK$580 非会員HK$660

詳細はファンクラブのインスタグラムにて
https://www.instagram.com/p/BI2KRDUD3Jx/?taken-by=amifan_club
ファンクラブ会員でない方も参加可能です。
内容・参加申し込み等ヘルプ必要な方は、連絡ください。

*追記9月27日: すでに満席でファンクラブでは申し込み停止しています。私の方でキャンセル席があるので、参加希望の方は私に連絡ください。

[PR]

# by anitamuijapan | 2016-08-09 16:19 | お知らせ・ニュース | Comments(0)
2015年 08月 29日

珍惜再會時2015

アニタのバースディバーティの案内です。
お昼はポーリン寺にお参りし、夜は恒例のバースディパーティです。

珍惜再會時2015
会場: Novotel Citygate Hong Kong
日時: 2015年10月10日(土) 18:30~
費用: 会員HK$580 非会員HK$660

ファンクラブ会員でない方も参加可能です。
詳細・申し込みにヘルプ必要な方は、連絡ください。
[PR]

# by anitamuijapan | 2015-08-29 10:45 | Comments(0)
2015年 05月 04日

映画「川島芳子」ロケ地: 長野県松本市

東京品川の「唇をうばう前に」のロケ地に続いて、今回の旅行で訪れた「川島芳子」のロケ地を。

香港映画「川島芳子」は日本では一般上映されなかったのですが、DVDにはなっているので、未見の方は是非。アニタの凛々しさは「男装の麗人」川島芳子を演じるのにピッタリ。

長野県松本市は、川島芳子が少女時代に住んで居た場所だからか、映画「川島芳子」の日本のシーンは松本で撮影されています。

川島芳子の養父である川島浪速の家の設定として、馬場家住宅が使用されており、そこは、重要文化財だけあり、昔とあまり変わらぬように維持されているため、撮影当時とあまり変わっていませんでした。
この馬場家住宅のある場所は、松本市街地からかなり離れており、車のない観光客としては、行きにくい場所なのですが、アニタファンとしては、わざわざ行って良かったです。

写真は、上から
1: 松本城
2: 旧制高等学校記念館(旧制松本高校)
川島芳子が小さい頃通った学校として撮影されてます。実際の川島芳子が通った学校ではありません。
3-10: 馬場家住宅

続きはここをクリック Click here for photo
[PR]

# by anitamuijapan | 2015-05-04 22:10
2015年 05月 03日

「唇をうばう前に」MVロケ地:東京品川

4月中旬、JRレールパスを購入して東京→長野→松本→名古屋→広島→大阪と旅行しました。
その際、「唇をうばう前に」のMV撮影をした品川と、映画「川島芳子」の松本のロケ地を廻りました。

先ずは「唇をうばう前に」の撮影場所です。多くが新高輪プリンスホテル(現:グランドプリンスホテル新高輪)なので、こちらのホテルに宿泊して、ホテル庭園を廻りました。ちょうど「さくら祭り」の最終日で、まだ、遅咲きの種類の桜が残っていて、綺麗でした。
ロケ場所は、なにせ32年も経っているので、かなり変わっており、MVに出てくる高縄亭や古稀殿の場所が、さくらプリンスホテルになり、ざくろ坂沿いもかなり変わっており、ホテルのコンシェルジュの方に教えていただかなければ、気が付かないぐらいでした。でも、MVと比べると、特徴ある貴賓館やバルコニーはすぐにわかりました。

写真上から
1:グランドプリンスホテル新高輪の特徴あるバルコニー
2:ざくろ坂沿いのグランドプリンス新高輪横
3:高輪プリンス 貴賓館前、ファウンテンチャペルのあたり
4:高輪プリンス 貴賓館
5:品川駅前、歩道橋の上から
a0081424_2321134.jpg
a0081424_23214729.jpg
a0081424_232258.jpg
a0081424_23223018.jpg
a0081424_23225888.jpg
[PR]

# by anitamuijapan | 2015-05-03 22:45
2014年 12月 20日

「何日君再來」ロケ地巡り: 長野県 妻籠

アニタとレオン・カーファイ主演、赤井英和さんも準主役で出演している香港映画「何日君再來」(日本では東京国際映画際で「さよなら、わが愛」のタイトルで上映され、またDVDでは「さらば英雄 愛と銃撃の彼方に」というタイトルで発売されてます) 、映画の終盤の日本のシーンは、長野県南木曽の妻籠で撮影しています。そのため、一度は訪れたいと思っていました。でも今年ロケ巡りをするつもりは全くなかったのですが。
12月、日本帰国の際、安いパッケージだと、金土出発で午前便が取れず、午前便にこだわると、オープンジョー可能なチケットHK$4050+税サーチャージになることから、「では、関空単純往復より、名古屋IN、関空OUTにしよう」と思い、そうだ、名古屋INなら、妻籠に行かなければ、と思い立って、12月13日と14日に行ってきました。

せっかくなので、映画の撮影も行われた「松代屋」さんに宿泊。12月は雪はほとんど積もることはないと聞いていたので、期待してなかったのですが、私たちが訪れた12月13日&14日は、雪が降り、まさしく、アニタたちが妻籠で撮影していたころのような雪景色。とてもラッキーでした。

写真上から
1) 和智埜(わちの)神社の階段
2) 和智埜(わちの)神社 映画でも松代屋さんの番傘が使われています。
3) 松代屋の玄関 アニタがレオンカーフェイのもとに駆け付けるシーン
4) 松代屋の渡り廊下 アニタがレオンカーフェイのもとに駆け付けるシーン
5) 松代屋の2階へ行く階段 アニタがレオンカーフェイのもとに駆け付けるシーン
6) 松代屋の看板と雪
7) 松代屋の入口 アニタがレオンカーフェイの元を去るシーン
8) 松代屋の2階 今は窓が開かない造りになっているそう。
9) 妻籠の街を歩くアニタ、映画撮影はとても高いアングルから撮られています。

a0081424_1110890.jpg
a0081424_11102960.jpga0081424_1111342.jpg
a0081424_1112210.jpg
a0081424_11121882.jpg
a0081424_1942418.jpg
a0081424_11134311.jpg
a0081424_1114245.jpg
a0081424_11142783.jpg
[PR]

# by anitamuijapan | 2014-12-20 10:00
2014年 09月 04日

珍惜聚會時2014

毎年、アニタの誕生日恒例のホテルビュッフェでのパーティ、珍惜聚會時2014の案内がファンクラブより届きました。

珍惜聚會時2014
日時: 2014年10月10日 19:00~
場所: 帝苑酒店(ロイヤルガーデンホテル) 中国香港九龍尖沙咀東部麼地道69号
参加費: ファンクラブ会員HK$750 非会員HK$790

非会員も参加可能です。
参加申し込みについてヘルプが必要な方は、私に連絡くださっても結構です。
[PR]

# by anitamuijapan | 2014-09-04 23:13 | お知らせ・ニュース | Comments(1)
2013年 12月 08日

2013年11月日本アニタロケ地めぐり4: 神戸ハーバーランド

11月26日夜は神戸ハーバーランドすぐそばの神戸クラウンパレスに泊り、夜と朝に神戸ハーバーランドへ行きました。神戸ハーバーランドは、「三誓盟」のロケ地のひとつです。「三誓盟」を見れば、観覧車などで、そのことはすぐにわかるし、関西人の私は神戸ハーバーランドは何度か行ったことがあるのですが、アニタが亡くなってから訪れたことはありませんでした。

今回、せっかくなので、京都のロケ巡りの後に、神戸ハーバーランドも行こうと決めたのですが、ここ十数年の神戸ハーバーランドは店舗の撤退/変更が大きく、「三誓盟」のロケ地のモザイクも、今年4月にリニューアルオープンしたし、「三誓盟」のロケから17年近くたってるし、もしかしたら大きく変わってるかもな、と思っていたのですが... でもあまり変わってないところもありました。

写真上の1組(2枚) : アニタの立っているのは、モザイクの中の「三の橋」の上です。
写真中の1組(3枚) : こちらも、アニタが立っているのは「三の橋」です。撮影角度が違うだけですね。これは、ほぼ当時のままだったので、結構すぐわかりました。
写真下の1組(2枚): たぶん観覧車と望楼の位置から、このあたりで撮影したのだと思いますが... アニタが靠れてるのと同じ柵は見つかりませんでした。そもそもモザイクガーデンはすでに閉鎖され、今、残っているのは観覧車のみだし(以前は観覧車以外に、メリーゴーランドとかあって、「三誓盟」でもすこし映ってますね)。 最近、新しく「アンパンミュージアム」もオープンしているので、この辺りはちょっと変わったのかもしれません。
a0081424_21475689.jpg
a0081424_21515864.jpga0081424_21522923.jpg
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-12-08 22:15 | 三誓盟のロケ地:神戸
2013年 12月 07日

2013年11月日本アニタロケ地めぐり3: グランビア京都/高台寺

大覚寺の後、大覚寺前に京都駅バスが有ったので、京都駅に向かいました。せっかくなので、アニタが「現代美容」のCMロケの間宿泊した、ホテル京都グランビアに立ち寄りました。グランビア京都はJR京都駅に隣接したホテルです。

その後、京都駅内で食事をして、「三誓盟」のロケ地でもある高台寺へ、紅葉のライトアップを見に行きました。「三誓盟」の撮影場所が分かればと思ったのですが... 残念ながら、暗すぎて全くわかりませんでした。でも、高台寺はライトアップの紅葉で有名なだけあって、とても美しかったです。ちょうど夜には雨も止んでくれましたし。
とりわけ、ライトアップした紅葉が池に映ったものは、本当に幻想的で素晴らしかった。アニタファンとしては、すぐに「鏡花水月」という言葉を思い出しました。
私のカメラでは、あまり綺麗に写せませんでしたが、写真より実際は何倍も綺麗でした。

写真1: Hotel Granvia Kyoto グランビア京都のロビー
写真2: 高台寺の紅葉ライトアップ 池に紅葉が映ってとても綺麗でした。
a0081424_21594894.jpga0081424_228021.jpg
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-12-07 21:15
2013年 12月 07日

2013年11月日本アニタロケ地めぐり2: 大覚寺

11月25日の午後、大覚寺に行きました。私たちは、大阪梅田を起点にしたので、先に光明寺に行ったのですが、アニタの実際のロケ地訪問は大覚寺の方が先だと思います。

その日の天気予報は、曇り時々雨で、午前、光明寺に訪れた時には、傘は必要ない程度だったのですが、光明寺を後にし、嵐山(大覚寺は嵐山から2Kmぐらいです)で昼食を食べているころには、本格的に雨が降ってきました。まったく雨がやむ気配がなく、そのまま大覚寺へ向かいました。

大覚寺参観の間も雨は止まず、紅葉見物としては、すこし残念でしたが、思えばアニタがロケに訪れた10年前の11月25日も、雨が降って寒そうな日だったので、「10年前と同じよね」とそれはそれで感慨がありました。

それに、嵐山から大覚寺に向かう道が、紅葉の時期は、とてつもない混雑らしいのですが、雨のおかげで、わりとすいていたのは、良かったです。
大覚寺は屋根のある廊下を歩きながら参観するようになっているので、その点も救われました。

大覚寺のアニタの撮影場所は重要文化財「紅白梅図」の前で間違いないと思います。

写真1: 「現代女人」の写真集から、紅白梅図前のアニタ
写真2: アニタを真似て、紅白梅図の前で (暗くて、後ろの梅図が見えませんが) 。 ちなみに、私が着ている黒のセーターは、オークションで落札したアニタの遺品のセーターです。
a0081424_2120449.jpga0081424_21263572.jpg
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-12-07 20:30
2013年 12月 07日

2013年11月日本アニタロケ地めぐり1: 光明寺

今年の年末でアニタが亡くなった2003年12月30日から丸10年です。

ここを訪れてくださる方は、おそらくご存じのとおり、アニタは亡くなる一か月半前の11月初め、コンサートを成功させました。そのあと、11月下旬、アニタ生前の最後の仕事、現代美容のコマーシャル撮影を日本で行いました。

アニタが撮影のために日本に行ったのは、2003年11月24日から27日です。
私は、その10年後にあたる2013年11月25日に、アニタの軌跡をたどろうと、CMロケ地の光明寺と大覚寺に行きました。

2013年11月25日 午前 光明寺
光明寺は京都といっても、京都市内ではなく、長岡京市で大阪よりです。

写真1:勅使門、実は私は、この勅使門の階段が、CM中のアニタ(のスタンドイン)が駆け上るシーンの場所だと思っていたのですが...
もう一度、CMを見返してみると違いました。ただ、アニタ自身の撮影の一部は、この勅使門の前の広場を出たあたりだと感じます(メーキングをみたところ)
写真2: 光明寺の紅葉
写真3: いっぷく亭 撮影隊がご飯を食べたところ(アニタは食べてないと思いますが) 光明寺すぐ近く
a0081424_1932784.jpga0081424_19432840.jpga0081424_1947590.jpg
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-12-07 19:00
2013年 07月 10日

劉培基展覧会:他 Fashion 傳奇 Eddie Lau 她 Image 百變 劉培基

マカオでのアニタの記念展覧以外にも、香港でエディ・ラウの個人展覧会も開催されます。アニタの衣装だけではありませんが、アニタの記念の意味も大きい展示会のようです。

他 Fashion 傳奇 Eddie Lau 她 Image 百變 劉培基
場所:香港文化博物館 專題展覽館(一)及(二)
http://www.heritagemuseum.gov.hk/chi/exhibitions/exhibition_details.aspx?exid=208
展示品の一例 アニタの衣装《烈焰紅唇》
http://www.heritagemuseum.gov.hk/eng/exhibitions/exhibition_highlights/ex208_3.htm
また、前にもお伝えしたとおり、エディの自伝が香港ブックフェアにあわせて発売になり、ブックフェアで7月19日にセミナーが開かれます。セミナーはすでにブックフェアのサイトで参加登録できます。ヘルプが必要な方は連絡ください。
また、エディの本のサイン会は7月20日 午後4:30-5:30ということです。

ブックフェアのセミナー・サイン会のスケジュール表
http://hkbookfair.hktdc.com/tc/Events.aspx?qall=1&yr=2013&n=635090898460276984

この一連の活動にあわせて、エディが7月8日と9日にテレビ「今日VIP」というインタビュー番組に出演しました。この番組はTVBのサイトで公開されてますが、日本からは観賞できますか?試してみてください。
今日VIP 2013.07.08 劉培基(上)
http://mytv.tvb.com/variety/greenroom/147847
今日VIP 2013.07.09 劉培基(下)
http://mytv.tvb.com/variety/greenroom/147913
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-07-10 22:00 | お知らせ・ニュース
2013年 06月 24日

2013年10月ファンクラブパーティの案内

今年はアニタがなくなって10周年の年だからか、アニタの記念行事の連絡が早いですね。まだ、7月のデビュー記念パーティも終わってないのに、もう、10月の案内がファンクラブから届きました。

ランタオ島ポーリン寺へのアニタお参り
日時:2013年10月9日(水) 昼ごろから
 参加者には詳細を連絡するので、Emailか電話でファンクラブで名前と連絡先をファンクラブに通知しておきます。通常、参加費用は実費(ポーリン寺へのバス・タクシー代等)です。

アニタ映像鑑賞会
日時:2013年10月9日(水) 20:00~
場所:九龍湾 Mega Box 12階2-20室(Tom Lee演芸ホール)
費用:会員HK$120-, 非会員HK$180-

珍惜聚會時2013(バースディパーティ)
日時:2013年10月10日(木) 19:00~
場所:九龍シャングリラ
費用:会員HK$750-, 非会員HK$790- (ビュッフェディナー付き)

今年は、ちょうど週の真ん中で、なかなかお休みの手配が難しい日程ですが、アニタが亡くなって10年目、そして、今年はアニタ生誕50年。ファンの方は何とか都合をつけて参加してほしいです。

上記のイベントのチケットは、8月3日(土)15:00-18:00にファンクラブ事務所で販売されます。私に購入依頼をされたい方は、7月20日ぐらいまでには、連絡いただけますか?

また、今回は、上記のチケット販売日にファンクラブに行けない人のために、銀行振り込みでの申し込みも可能になってます。詳細はファンクラブに連絡してみてください。(私に連絡いただいても、やり方はお教えできます)

私の連絡先は ここを参考にメールなりコメントを残してください。http://anitamui.exblog.jp/6398616/
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-06-24 22:50 | お知らせ・ニュース | Comments(0)
2013年 06月 20日

梅艷芳珍藏品展覽2013

マカオタワーでアニタの展覧会が有ります。アニタの映像、衣装などが展示され、マダムタッソーのアニタ像も、この期間はこのマカオタワーで展示されるそうです。
夏休み、香港&マカオを旅行される方、ぜひ。

開催期間: 2013年7月4日-9月1日
*展示場所が有料区域なのか無料区域なのか不明。もし、マカオタワーの上ならマカオタワーの入場料が必要と思います。アニタ・ムイのファンクラブメンバー向けのフェリー+マカオタワー入場券の割引パッケージも発売される予定です。サポート必要な方は連絡ください。

その他、Twitterでもつぶやきましたが、エディ・ラウ(劉培基)の自伝「舉頭望明月」が香港のブックフェアに合わせて発売になります。7月19日14:00からブックフェアでセミナーもあるらしいです。正式に確定したら、ブックフェアサイトで公布されるはずです。注意しておいてください。
香港ブックフェア(香港書展)サイト http://hkbookfair.hktdc.com/tc/index.aspx

6月27日追記:エディのブックフェアのセミナー、ブックフェアのサイトで交付されてます。登録しておけば、当日優先的に並べます(必ず入場できる保証があるわけではありません)。登録のやり方がわからずヘルプが必要な方は連絡ください。

アニタのデビュー記念日のある7月、アニタで盛り上がりそうですね。
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-06-20 08:00 | お知らせ・ニュース
2013年 04月 29日

アニタ・ムイに関する日本の新聞記事調べ(図書館にて)

今回の日本帰省で、私一人だからこそ行ったことは、六甲アイランドのロケ地巡り の外に、もうひとつは図書館で過去の新聞を調べること。「何日君再來」の日本での撮影についての記事を昔読んだ記憶があって、ずっとそれが気にかかっていました。

そこで、昔住んでいた付近の散策ついでに、西宮市立図書館本館にいって、過去の新聞を調べました。

自分が昔読んだ記事そのものではないような気もするのですが、日本経済新聞と朝日新聞の過去記事で「何日君再來」に関する記事が見つかりました。

解かったことの一部を紹介すると、

*京都で撮影したような気がしていたのですが、それは私の勘違いのよう。同志社大学を上海大学に見立てて撮影しようという案があったという内容を、長い間に記憶違いして京都で撮影したと勘違いしたのだと思う。<--自分としては、すごく引っかかっていたことなので、新聞記事を見てすっきりしました。

*最後の方でアニタとレオン・カーフェイが再会する雪景色の神社は妻籠にある和智埜(わちの)神社。グーグルで写真を検索してみたのですが、まさにここだ!って感じでした。妻籠宿の松代屋を含めて、やっぱり妻籠は一度行って見ないといけないですね。

ちなみに、見つけた記事は:
1991年2月16日 日本経済新聞朝刊 38p 「香港映画、日本に刺激」
2012年11月5日 朝日新聞朝刊 25p 「みをつくし語りつくし 俳優 赤井英和さん 22 この仕事もっとしたい」
2012年11月6日 朝日新聞朝刊 31p 「みをつくし語りつくし 俳優 赤井英和さん 23 セリフの紙 ぼろごろ」
これらの記事は他の図書館でも、規模の大きな図書館になら、縮刷版は見ることが出来ると思います。
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-04-29 20:30 | アニタ雑談
2013年 04月 27日

三誓盟のロケ地: 神戸ファッションマート@六甲アイランド

先日、1週間日本に帰省していました。一人での帰省だったので、夫が一緒だと夫がつまらないだろうことを、いろいろやりました。

そのひとつが、この六甲アイランドにある神戸ファッションマートのロケ地めぐりです。アニタのテレビドラマ「三誓盟」のロケは、以前 ここでも紹介した出石だけでなく、神戸、京都でも撮影しています。神戸については、神戸ハーバーランドでも撮影していますが、この神戸ファッションマートでも撮影しているのです。ファッションマートに観光に行くひとは少ないと思いますが、アニタファンが行くと、1997年のロケ地当時(もう16年前)とあまり変化がないので、「アニタはこんなところで撮影してたのが」とちょっと感慨深くなると思います。

ロケ地の写真を見るにはここをクリック
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-04-27 21:00 | 三誓盟のロケ地:神戸
2013年 04月 13日

「胭脂扣(ルージュ)」上映@香港國際電影節 2013年4月1日

ここ にも書いたとおり、今年の香港国際電影節で4月1日に「ルージュ」の上映がありました。もちろん初めて見る作品ではないのですが、久々に大きなスクリーンでこの映画を見ると、とても引き込まれて、感動しました。如花を追い出してしまったことを後悔する楚絹を永定が慰めるシーン、そして如花が最後にまたあの世に戻るシーンでは、涙が流れました。

Twitterでも少しツイートしましたが、本編の上映の後、監督のスタンリー・クヮン監督のインタビュー映像の上映と、北京に居る監督との電話での質疑応答がありました。上映されたインタビューでは興味深いものがあったので、すこし記録に残したいと思います。
(メモをとって聞いていたわけではないので、興味深かった内容の概要だけです)

(注:小説のネタばれを少し含みますので、注意)

続きを読むにはここをクリック
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-04-13 16:00 | アニタ雑談
2013年 04月 08日

「胭脂扣(ルージュ)」ロケ地@澳門

a0081424_0143971.jpg 今年1月1日、Mui Nationの案内でマカオのアニタ・ムイロケ地めぐりに行きました。ずっとそのことを記録にのこさないと、と思いつつ...だらだらと時間がすぎてしまいました。4月1日に香港国際電影節で「ルージュ」を再度観賞して、早く書かなければと思い返しました。

「ルージュ」の撮影は一部マカオで行われているのですが、すでに取り壊されたものもあるようです。今回のロケ地めぐりでは、十二少(レスリー・チャン)の両親に二人の仲を反対された後、十二少が家を出て、十二少と如花(アニタ・ムイ)が2人で暮らすアパートの設定だった場所、亞婆井前地(リラウ広場)です。

亞婆井前地の横の坂を上っていったところのベージュの建物の2階が、十二少と如花の住まいです。

人力車で出勤する如花、そしてそれを見送る十二少のシーンや、二人でアヘンを吸ってるシーンなどはこの場所で撮影されました。

時が過ぎ、すこし雰囲気が違いますが、人力車が行く坂道や、色は塗り替えられてるものの、十二少が如花を見送った窓など面影がありますね。



a0081424_2351394.jpga0081424_23521568.jpg
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-04-08 23:30 | アニタ雑談
2013年 01月 08日

芳華絕代 - 梅艷芳服飾及珠寶手錶珍藏拍賣 アニタの服飾及び時計ジュエリー類のオークション

a0081424_22353418.jpga0081424_22344751.jpgアニタの遺品オークションが再度行われます。
今回はサザビーズではなく、拍得高(www.paidegao.com) という香港地場オークション会社によってオークションが行われます。市場価値の高いものは、前回のサザビーズオークションで処理されているので、今回はアニタの家を処分する前に残っていたものをを一掃処分という感じがします。しかし、今回は服飾品のオークションがあって、その中にアニタがコンサートやテレビなどで着ていた衣装も含まれています。特に右の写真のように、2002年の極夢幻の「艶舞台」の衣装まであります。確かに衣装は一般的な中古品としては市場価値は無いと思いますが、ファンにとっては思い入れのあるものなので、アニタのファンやアニタの関係者に渡ってほしいです。


芳華絕代 - 梅艷芳服飾拍賣(服飾品オークション)
展示: 2013年1月22日-24日 10:00-18:30
オークション: 2013年1月25日(金) 11:00

芳華絕代 - 梅艷芳珠寶手錶珍藏拍賣(ジュエリー時計オークション)
展示: 2013年1月22日-25日 10:00-18:30
オークション: 2013年1月26日(土) 10:00

展示・オークション場所:香港中環干諾道中64-66號廠商會大廈

オークションのパンフレットは拍得高のサイトで公開されてます。
http://122.225.104.211:3001/admin/Upfiles/20130125Obook.pdf

展示会は特に登録せずに参観可能。
オークションで入札したい場合は、デポジットHK$50,000が必要。
当日オークション会場にこれない場合は電話入札も可能です(事前登録必要)
私は展示会もオークションも行くつもりですので、ヘルプが必要な方は、前もって連絡ください。
[PR]

# by anitamuijapan | 2013-01-08 15:02
2012年 12月 28日

今夜只因您2012

アニタが亡くなってもうすぐまる9年。アニタの命日12月30日には、毎年恒例の追悼会「今夜只因您」が行われます。
入場無料で一般公開されるイベントですから、お時間の有る方はお立ち寄りください。

今夜只因您2012
日時: 12月30日 19:30~
場所: 藝穗會(The Fringe Club) 中環下亞厘畢道2號

そして、もうすぐ2013年... 2013年はアニタの生誕50年にあたり、そしてアニタが亡くなって10年を迎える年になります。
記念行事が順調に行われますよう。アニタの名前がずっとこれからも人々の記憶に残りますよう。

私ごとですが、2012年12月31日をもって、勤めていた会社を退職します (すでに有給休暇消化に入っています)。
今年一年は会社・仕事の上で負担と不満が多く、理不尽な思いが多かったので、無事退職できてほっとしています。

せっかくなので、来年はちょっとゆっくりするつもりです。
2013年11月、アニタの最後の仕事であるモダン現代美容のCM撮影ロケから10年、CMロケ地である京都(光明寺&大覚寺)にいって、あのCMと同じ紅葉を見るのが、一応のささやかな目標です。
追記:そうだ、京都なら三誓盟のロケ地の高台寺にも寄れるよね(具体なロケのどのシーンが高台寺なのか詳細不明だけど)。
[PR]

# by anitamuijapan | 2012-12-28 12:15 | お知らせ・ニュース | Comments(0)